TOPICS
新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう
住宅を新築するなら憧れはこだわりのつまった注文住宅だと言う人が多いですが、注文住宅は建て売り住宅と比較して、価格が高額になる事が悩みの種でした。しかし最近のハウスメーカーの中には比較的安価に建築できる業者が増えてきました。そういった安価が売りのメーカーで建築した住宅や低価格にこだわって建築された住宅をローコスト住宅と呼びます。建築費を安く済ませる為の工夫は住宅の外形からデコボコを取り、なるべくきれいな四角形の住宅に設計する事や室内の部屋の広さや天井高、ドアの高さ、風呂の面積などを規格品が多く出回っているサイズに納める事などがあります。

ハウスメーカーの方でもローコスト住宅を得意とするメーカーは先に説明した工夫意外にも、メーカーとして建築費を押える為の様々な工夫をしているようです。たとえば間取りも施主がまったく自由に設計するのではなく、いくつかのプランが作成してあり、施主はそのプランの中から自分の希望に合ったプランを選択するなど、注文住宅とはいってもある程度の規格を設けている業者が多いようです。またその規格に合わせた建築資材を大量に一括購入する事により、建築資材にかかる経費を大幅に削減する事もできるそうです。ですからローコスト住宅は新築住宅へのこだわりや自由になる部分は少なくなるかわりに経費がかからない住宅という事のようです。

おすすめ!

Copyright 2018 新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう All Rights Reserved.