TOPICS
新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

自分の夢をかなえる新築住宅

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう
私は約10年前に住宅を新築しました。というのも若い時からアパート暮らしが長く、部屋自体を自分の自由にリフォームできなかったからです。また毎月の家賃も気になっていました。お金を毎月支払っても、結局自分の財産にならず持ち出しばかり。数年後には家賃の更新などもあり、どうしても自分の城=持家がほしかったからです。家を持つのであれば中古ではなくどうせなら新築が良いと思い、夢は広がっていきました。あれこれ考えるうちに、車の駐車場も2台くらいは置ける場所がほしい、通勤に便利なところが良いなどと期待は膨らんでいきました。しかしすべての希望を100%満足させることは難しいのが現状です。

その中でどうしてもはずせないのは周りの環境でした。私自身、あまり街の真ん中で落ち着かないところは嫌でしたし、子供が小さかったのでできるだけ自然環境の良いところがベストだと思ったからです。通勤には1時間半くらいかかってしまう場所になりましたが子供をのびのびと育てられる環境に新築住宅を建てることができました。家を立てる時にはハウスメーカーと何度も何度も打ち合わせをして、希望をできる限り反映させました。苦労しましたが新築の家を建てることができ、非常に満足しています。

Copyright 2018 新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう All Rights Reserved.