TOPICS
新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

中古住宅の住まいに耐震機能をつけること

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう
私は去年にアパート住まいから中古住宅に変えました。私が購入した中古物件は、築20年でやや古く、建物の作りは昔ながらの作りで地震などに強いと購入時聞いて安心して購入したのですが、最近地震が多く、そのたびに家が揺れると心配になっていました。私には3歳の子どもと3カ月の子どもがおり、どうしても地震が来ると、最悪の事態を考えてしまいます。いくら家の作りが丈夫でも耐震機能が備わっていないと不安になります。そのため、先日1度業者の方に来てもらい家を見てもらいました。購入時に言われた通り、家の作りは頑丈と言われたのですが、大きな地震が来た時は、耐震機能を備えていないとどんな家でも崩れてしまうと言われました。夫婦で話し合い、一度見積もりを出してもらうことにしました。

費用は150万円程で出来るようで、屋根裏や床下などの機にL字型の金属などを取り付けていく作業をすると言われました。作業時間もそんなにかからないようで2〜3日で終わると言っていました。私は安心が欲しかったので今お願いしている所です。また、築20年以内の住宅で耐震機能がついていると国からローンの控除も受けられるために、時間的にもぎりぎり間に合うようで、上手く国の制度も利用して安心を手に入れたいと思っています。その他にも自分たちで出来ることはするようにしています。箪笥の上に天井と箪笥の上部の間につっかけをして揺れた時に倒れないようにしたり、テレビなどの下に滑り止めをしたり小さいことですが気を配っています。

Copyright 2018 新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう All Rights Reserved.