TOPICS
新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

住まいを触診してもらい耐震性能を調査する

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう
実際に入居者している本人が感じている住まいの快適度とは関係なく、性能調査をする必要性に迫られる時期があります。ハウスメーカーによって時期に差があるものの、そろそろリフォームを検討してみてはいかがですか、という連絡を受けるタイミングです。基本的にリフォームというのは、見えている場所よりも、見えていない場所のほうが重要な場合が少なくありません。見えていないからこそ、ダメージが大きくなっていたりするわけです。正確に言うと、見えない場所がダメージを受けているのではなく、ダメージを受けているのにも関わらず気づく事ができないでいる、ということです。つまり入居者であっても、気づくのが困難だということです。入居者が気づかないでいることがマイナスになるのが耐震性能の劣化です。

性能調査というのは無料で可能な範囲と、有料にならざるを得ない範囲があります。基本的には、極めて短時間で、目視確認するだけで良い場合は無料と言っても良いでしょう。しかし調査担当者が一日がかりで確認作業を行わなければならないような場合というのは、人件費が発生していますので、やはり有料ということです。住まいの目視確認は、壁の中や床下などが不安要素になります。しかし設計図や施工表が手元にありさえすれば、目視と、木材等への触診だけでも、かなりの耐震性能の劣化具合を測定できるのです。

耐震性能の調査では、柱、壁、床などに対して、実際に触れたり軽く叩いたりする触診が行われます。音の響きかたや反響音そのものから、内部の腐敗の可能性を探るというわけです。快適に暮らしているつもりの住まいでも、壁材の向こう側は雨水侵入や湿気過剰により腐敗し始めている事もあるのですが、目視確認だけではなく、触診を通じて、より具体的に腐敗進行を確認しやすくなるのです。

おすすめ!

Copyright 2018 新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう All Rights Reserved.