TOPICS
新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

耐震性能を回復させる住まいのメンテナンス

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう
巨大な地震に遭遇しなくても、耐震性能が弱まってしまうことがあります。柱や梁の接合部分を、金具などで強固にしている場合には、釘が抜けてしまったり、ネジが緩んでしまうことで、強度が失われていってしまうのです。極端な例ですが、最終的に釘が抜け落ちてしまったり、ネジが取れてしまったりする瞬間というのは、意外にも小さな揺れや、強風に建物が煽られたときの歪みが原因になっている、ということも少なくないのです。つまり長い時間をかけて、ゆっくりと釘が抜け、ネジが緩んでいく、というわけです。地震そのものの直接の被害が少なくて済んだ住まいだとしても、建築後十年を目処に、しっかりとメンテナンスを行うのが良いのは、そのような理由があるからです。

住宅強度というのは、新築のまま一定というわけでは、ありません。時間の経過とともに強度は弱まっていく性質があります。しかしメンテナンスを繰り返すことで、弱まってしまった強度を再び強固なものへと戻すことは可能なのです。抜けかけている釘を打ち直すだけでも、強度は戻ってきます。緩んでいるネジを締め直すだけでも、弱まってしまった耐震性能が回復するのです。どのような設計と施工によって建築されているのかは、住まいの設計図を参照すると把握できます。特に、どのような接合器具を使用して施工されているのか、その仕様を詳細に記録してある仕様書や設計変更書があると、メンテナンス業者との連携も容易になります。

Copyright 2018 新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう All Rights Reserved.