TOPICS
新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

住まいの窓枠を強化すれば耐震性が強まる

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう
開口部が大きい住まいは、開口部における強度確認が必要です。設計するときには構造計算をすることで、建物としての強度を確保しますが、開口部の設けられている場所は、壁だけの場所よりも、どうしても強度が劣ってしまう場合があるのです。ここで重要になるのが、強度のバランスです。正確に言うと強度の配分のバランスです。とても強度の強い柱と壁があり、やや強い開口部があり、弱い開口部がある、というように強度がバラついてしまっていると、実際に地震の揺れを受けたときに、揺れの拡散現象が複雑なものとなってしまい、優れた強度を誇っている柱や壁があるのにもかかわらず、開口部との接触面などに亀裂が発生してしまうことがあるのです。設計するときの構造計算は、建物としての強度の構築だけではなく、地震発生に伴う揺れの拡散を想定することで耐震強度と言えるようになるのです。

地震の揺れは、住まいの基礎から柱と梁を通じて建物全体へと拡散していきます。このときに、強度弱い箇所があると、そこがダメージを大きく受けてしまいます。理想的なのは、四方八方に拡散される揺れに対して平均的に強度が設計されていることです。採光のための小さな窓があるだけなら強度には影響しにくいこともあるのですが、南向きのリビングルームや二階部屋などの場合には、天井近くから床近くまでの大きな窓を設計していることが多いのです。大きな窓としての開口部が設計されるときには、必ず窓枠それ自体が耐震強度を誇っているような素材のものを選んで施工してもらうようにしましょう。もしも強度の弱い窓枠だと分かれば、強度の誇れる窓枠へと交換リフォームするのが良いでしょう。

おすすめ!

Copyright 2018 新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう All Rights Reserved.