TOPICS
新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

耐震強度の維持に役立つ住まいの水周りチェックと配水管交換

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう
生活していると、住まいの中には湿気がちな場所と、乾燥しやすい場所の差が出てくることがあります。湿気がちな場所というのは、基本的には水周りが考えられやすいのですが、配水管周りの環境を整えるだけで、かなり環境改善効果が得られるようになることがあります。損傷していなくても、断熱効果の高い配水管へと交換工事をするだけでも、環境改善効果となるのです。意外と思われるかもしれませんが、水周りは配水管の強度も重要です。配水管そのものと、配水管の接合部分に耐震強度が備わっていれば、地震発生による小さな歪みや亀裂などの心配がなくなるのです。

水周りといえば、キッチン、バスルーム、トイレ、洗面所が代表的です。しかし忘れてはならないのが、住まいの床下と壁内の配水管です。冬に水道管が凍結してしまったことがあるのならば、それが地中ではなく地上の配水管である可能性が高いと思いますし、壁内の配水管の可能性も高いわけです。ですから断熱効果が高くて、温度差による結露が発生したとしても配水管が腐食しにくいように防錆加工してある配水管へと交換リフォームをすると良いのです。配水管には種類があります。断熱効果の高い配水管ならば冬に凍結しにくくなります。防錆効果の高い配水管ならば結露被害の心配もしなくて済みます。配水管が丈夫になればなるほど、水周りにおける耐震性能は向上します。木造建築住宅は、水周りの腐食が構造体を弱める要因になることが多いので、配水管を適切に交換することで、もともと備わっている住宅強度を維持しやすくなるのです。

おすすめ!

Copyright 2018 新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう All Rights Reserved.