TOPICS
新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

地震国日本で住まいを建てるのに耐震は不可欠要素

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう
これから住まいを建てる計画をお持ちの方なら、耐震のことには特に気を使うのではないでしょうか。大きな震災を何度も目の当たりにすれば、いつ自分の住む街で起こっても不思議ではないと思えるものです。耐震性の重要さがわかったのは、御存知の通り阪神淡路大震災の時です。設計基準が変わった年を境に、倒壊した家屋と倒れなかった家屋がはっきりと分かれました。家は本来、外の危険から身を守るものです。それが倒壊した自分の家の下敷きになり、犠牲になってしまった被害者が多数いたことはとても残念なことです。自然の起こすエネルギーは人間が間変えても及びも付かないことが起こるものです。あの震災の影響による大津波などは、誰が予想したでしょうか。

いつどのような災害が起こるか見当も付かない自然界ですが、それに対する対策はできる限りしておかなくては身を守ることはできません。住宅における耐震という考えもそのひとつでしょう。構造そのものを強くし、揺れを逃がし、地震の大きなエネルギーを熱エネルギーに変えてしまうような構造まであるようです。地震国日本ならではの技術の進歩でしょうか。それでも、これで安全ということはありえません。それ以上の破壊的なエネルギーがくればかなわないのです。耐震の構造だけではなく、倒壊した家の中でもここなら命だけは大丈夫、といったシェルター方式の構造が備えられれば理想でしょうか。一部には普及してきているような話も聞きます。震災対策はこれらの技術の組み合わせで、まだまだ発展途上かもしれません。

Copyright 2018 新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう All Rights Reserved.