TOPICS
新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

自分の住まいにオーディオルームがあったらいいのに

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう
私の会社の先輩に、大変なオーディオマニアがいる。ジャズのレコードやCDを7000枚以上持っている。その先輩が子供が独立をしたのを機に、空いた部屋をオーディオルームにしてしまったのだ。奥さんが子供が帰って来ても居場所がないと猛反対をしたそうだが、住まいにオーディをルームを作るのが先輩の夢だったので、何とか言いくるめてやってしまった。そして、私が第一号の招待客となった。先輩の家に入ると奥さんの鋭い目が体中に突き刺さった。まだ納得していないどころか、この部屋の関係者はみんな敵に見えるらしい。私も「わー!すごいじゃないですか」みたいな感じで話に入ろうと考えていたが、奥さんの様子を見てその入り方はやめることにした。

部屋に入るとでっかいスピーカー2つと、小さいスピーカー2つが目に飛び込んできた。なんか両方ともごっつい。先輩がどうだとばかりに話はじめた。秋葉原に行って部品を買って来て作ったそうだ。スピーカーの箱は手作りでセミバスレフになっているという。スピーカーだけで40万円くらい掛かっているそうだ。そして出来上がるまでに2ヶ月。土日でやっているのでそのくらいは掛かるのだろう。やはり手作りのラックには、CD/MDプレーヤーとレコード針のプレーヤーがある。昔懐かしい回転数を調整するデコボコが盤の周りに付いていた。レコードを掛けてくれと頼むと、喜んでお勧めのジャズのレコードを掛けてくれた。ところが音が小さくて迫力が無い。もっとボリュームを上げて本格的な音を聞かせてくれと言うと、低音が響くので近所迷惑になるから駄目だと言う。それに、ボリュームを上げようものなら奥さんが飛んでくると言うのだ。

通常はヘッドホンで聞いているそうだ。何のためのオーディをルームなのだろうと思いながら先輩の薀蓄を聞かされた。帰りに得意げな先輩の顔を見て、自分なりに趣味を楽しんでいるのだからこれはこれでいいかと考えた。

おすすめ!

Copyright 2018 新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう All Rights Reserved.