TOPICS
新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

住まいの防音室と後付けのものについて

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう
住まいで暮らしていると、楽器を練習してみたいと思うこともあるかと思います。しかし、上手に弾けるようになればいざ知らず、練習中の騒音が近所に聞こえてしまうのには抵抗を感じるとう方も多いのではないでしょうか。では、そういったことがないようにどのようにしたらよいのでしょうか。方法の一つに部屋を防音室に変更するというものがあります。防音室といいますと、家を建設するときに取り付けなくてはいけないイメージが強いですが、実際には、家を建設してしまったあと、後付けで取り付けることもできるようです。ですので、住まいの中の部屋のひとつを新たに防音室に変更するということを考えるのも良いのかもしれません。しかし、後付けするには次のようなデメリットもありますので、覚えておくと良いでしょう。

まず、防音室を作るためには大きな工事をしなくてはいけないため、部屋にある全てのものをどこかの部屋に移さなくてはいけません。大きなものがある場合には業者さんを頼まなくてはいけない場合もあるため、お金もその分かかってしまいます。また、防音室には内側に防音のための板を貼らなくてはいけないため、今までの部屋のサイズよりも部屋のサイズが少し小さくなります。ですので、小さくなったサイズについてもしっかりと頭に入れてから工事を行うのが良いかと思います。そのようにしないと大きな楽器の場合には、防音室に入りきらない場合もありますので、もしよかったら参考にしてください。

Copyright 2018 新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう All Rights Reserved.