TOPICS
新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

住まいの防音室と音漏れについて

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう
住まいに防音室を作って音楽を思いのほか楽しみたいという方がいらっしゃるかと思います。しかし、防音室を作るときには、どれだけの防音が必要なのかを最初に考えてから作る必要があります。音には周波数というものがあります。防音室は基本的にはどの周波数の音でも外に漏らさないように作られています。しかし、防音室によってはあまり得意ではない周波数も存在するようです。防音室であっても得意ではない周波数の音を中で出されてしまいますとある程度の音漏れが生じてしまう場合もあるようです。とは言っても、ある程度の音漏れですので、ほかの部屋にいる方が気になってしょうがないということはないようですが、それでも、音が漏れていることに対して音を出している本人が気になるということもあるかと思いますので、周波数と得意な防音の関係をしっかりと調べてからどこの会社の防音室を設置するのかということを調べるのが良いのです。

防音の周波数の調べ方は各会社に行くと教えてもらえます。例えば自分がどういったことを防音室で行いたいのかというと、その行為であれば確実に音漏れをしないとか、その行為だと、少し音漏れをしてしまう場合があるということを教えてくれます。また、ショールームに行くと、実際にどのくらいの音漏れをしてしまうのかということの体験をすることができる場合もありますので、こういったショールームもしっかりと確認してからどの会社のものを設置するのか検討しましょう。

Copyright 2018 新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう All Rights Reserved.