TOPICS
新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

妹の子供の入学で住まいの子供部屋の家具を変えた。

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう
子供部屋の模様替えは年齢によって変わるものです。幼児期から小学生の高学年に入る前、高学年に入ったらさっぱりとシンプルな部屋がいいと思います。ところが家はそれ程広くないので兄弟が一部屋ずつあるわけではありません。妹の子供は少し年齢が離れていて小学生高学年と現在小学生に入学の一年生です。一年生になったら学生だという認識を持たせるために勉強机を買うことを準備していました。色々見たのですが一緒に考えて二人で使える長い机にしました。長い机はシンプルで長く使えそうです。素材はパイン材でなんの飾りもありません。しかも引き出しがありません。引き出しは別に買ったのです。あるメーカーでステンレスの引き出しでカラーがとっても綺麗です。

引き出しだけを買うのには値段的にとっても高いのですが、レッドとホワイトの引き出しを一つずつ買い机の下に入れてもいいし、外に出してもいいです。引き出しはタイヤが付いているのですが外すこともできます。机の上は何も無いので、ブックエンドを買いました。コンピューターは別のスペースをつくり設置して本棚は各自一つづつ一つの本棚に120冊入る大型の本棚です。その本棚は引き出しをつけることが出来るので子供達が選びました。全部に本を入れるのではなくそのスペースが各自の収納スペースになります。下の子はキャラクターが好きですからグッズを飾って楽しんでます。壁紙まで変えたいけどそこまで余裕がなかったので家具を変えて子供部屋に変化をつけました。それだけでも十分に住まいのイメージが変わりました。自分の家もやろうと思いました。

おすすめ!

Copyright 2018 新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう All Rights Reserved.