TOPICS
新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

快適な住まいを作るために子供部屋を完璧に

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう
私は家を購入したのですが仕事に近い住まいになりました。子供もいるので、最初は学校や病院や駅などの環境が整っている場所を考えて探していたのですが、仕事場まで1時間もかかるなどで決めかねていました。ですが嫁と子供と家を見に行くと、かねてから希望していた角地ということもあり一目惚れしてしまい購入に至ったのです。いざ購入に踏み切ると仕事場が近く幸運でした。

家が決まると次に悩みの種はやはり家具です。古い家具が使えるのですが、嫁は新築とううことで、やはり家具も新品に買い換えたいとううのが希望でした。私は根負けし仕方なくお金を使い新品の家具を購入しました。一番高かったのがエアコンでした。リビングが20畳あり、前のエアコンでは間に合わず購入して前のエアコンは子供部屋へ取り付けました。この時点で貯金もかなりなくなりました。しかし、問題は今までは子供が幼稚園だったので部屋がなかったのですが、引越しのついでに一年生になるので嫁が子供部屋を作ろうと言い出しました。手元にお金がなかったので無理だといったら、嫁の親が資金を出してくれるという事となりました。結局、だまって様子を見ていると完璧に子供部屋を作り上げました。エアコンも新品に変えられて、ベットもしっかりしたものを購入していました。なんと総額40万円と破格な値段で驚きました。ここまでしてもらうとさすがに引け目すら感じます。

私は家の購入などローンで頭金もいらず、現金などそんなにいらないと思っていました。まさか最初にこんなに現金がいるとは驚きです。

Copyright 2018 新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう All Rights Reserved.