TOPICS
新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

住まいにおける子供部屋の目的は勉強できるスペース

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう
子供は大きくなります。小さいうちはむしろ子供部屋もいらないくらいですが、後々のことを考えると住まいにおける子供部屋のあり方を十分に考える必要があります。子供がまだ幼稚園のときは、子供自身も自分の部屋など必要なく、親と一緒にいたがります。子供部屋を与えるなんて贅沢だ、そんなものは必要ないと思うかもしれませんが、将来のことを考えると子供部屋は必要です。まず小学生に入った段階で勉強机を置けるような部屋が必要です。まず勉強机が置けるスペースと、ベッドが置けるスペースがなくてはいけません。中学生高校生にもなると自分だけのプライベートな空間を与えているという印象がありますが、子供のプライベートを考えるというよりも、子供部屋は基本的に勉強しやすい環境を与えるという目的を持って考えることです。

家族が過ごしやすい場所がリビング、子供部屋は勉強に集中しやすい環境。部屋の役割にもそれぞれニーズがあります。子供の精神に出る影響も考えて、なるべく日当たりのいい明るい部屋をあてがいたいものです。特に朝日に照らされるような東に面した部屋が精神にとっていいでしょう。広さはそこまで必要はありません。そこまで静かにならなくてもいいけど、玄関から遠い部屋にする方がいいでしょう。子供にとって子供部屋はプライベートな空間です。もし心配であればはじめから鍵は設置しないようにしましょう。子供部屋は、とにかく勉強に集中できるような環境であればいいのです。

Copyright 2018 新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう All Rights Reserved.