TOPICS
新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

住まいの問題。子供部屋をどうするか?

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう
現在2LDKの賃貸住まいで、子供は4歳息子、2歳娘の4人家族です。上の子が小学校に入学する前には住宅を購入したいなぁと思っています。理想としては、皆が集まるリビングは広めにしたいです。それから、まだ子供が小さいので、リビング続きの和室はほしいと考えています。夢はたくさん広がりますが、問題は子供部屋です。マンションの場合、予算内で考えると3LDKという間取りが多いです。しかもそのうち1部屋はリビングに続いた和室であることがほとんどです。そうなると残りは2部屋です。1部屋は私たち夫婦の寝室に当てることになるので、実際自由に使える部屋は1部屋のみということになります。異性兄弟のため、小さい頃は合同部屋としても、いずれはそれぞれの部屋を与えなくてはいけないと考えています。リビング続きの和室を個室として与えるのは子供部屋としては適していないと思うのです。

そうなるとマンションという選択肢は消え、一戸建ての購入を検討しなくてはいけません。一戸建ての場合、初期費用が高いので、その分住宅の予算を下げなくてはいけなくなってしまいます。予算が下がれば当然広さも縮小しなくてはならなくなり、その結果、子供部屋を2つ作ろうと思うと、それぞれの部屋が手狭になってしまうんですね。何とも悩ましい問題です。それから建て売りの場合、すでに間取りが決まっていますが、子供部屋に割り当てようと思う部屋の広さが違っていたりします。どちらに広い部屋を与えるべきか?上の子か?それとも女の子の方が何かと荷物が増えるだろうから下の子か?という悩みも出てきます。予算内で十分な広さの子供部屋を確保できる住まいが見つければ一番なんですけどね。

おすすめ!

Copyright 2018 新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう All Rights Reserved.