TOPICS
新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

住まいの中の子供部屋について考える

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう
子供が出来て、小学生ぐらいになると、学校から宿題があったりご家庭によっては塾やその他の習い事を始めたりして、子供が一人で課題に取り組む必要性が発生します。そこで大きく問題になってくるのは子供部屋です。住まいの中何処へ子供部屋を配置すればよいのでしょう。子供部屋の配置を考える際に、重要な事で頭の片隅に入れておきたい事は、人間は環境の影響を受ける生き物ということです。特に小さい子どもはまだまだ未知数な部分が多いだけに環境の影響を受け易く環境がとても大事です。

ではどのような環境がいいのでしょうか?あたりまえですが勉強をする時には集中力が必要です。したがって、子供部屋で宿題など集中力が必要な作業をしやすい環境が望ましいということになります。つまり住まいの中で、静かで落ち着きのある部屋です。ただし、静かすぎて陰気な部屋は駄目です。子供が怖かって一人で部屋にむかいませんし、怖くて集中できません。表現的に難しいですが家族の存在を感じとれるが静かな部屋がいいでしょう。

また日の光が入ることも重要です。太陽の光を浴びることで五感も研ぎ澄まされ、感覚が敏感になります。特に寝起きは日の光を浴びることでよくなります。これは太古の人間の生活リズムから継承されていることです。また陰気な部屋は性格にも影響を与えますので、明るい部屋は陽気な性格になり、物事を明るく、そしてチャレンジ精神を持って取り組むようになるでしょう。これらのことに留意してお部屋を選択すればよいです。

おすすめ!

Copyright 2018 新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう All Rights Reserved.