TOPICS
新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう

やっぱり住まいはあこがれの新築で

新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう
住まいを考える機会は人生において何度か訪れます。たとえば、大きな転機としての結婚です。また、早い人は学校を卒業して就職にともない自宅をでるという人もいるでしょう。いずれにしても住むところは人生の基盤となるとても大切なものです。金額的にも大きいですし、その後の暮らしの快適さを左右するものなのでおいそれと簡単には決められません。

私の場合は、就職してから何年かたってからの一人暮らしが住まい探しの最初でした。これは職場に近く生活に便利な賃貸を探しました。何年か住みましたが、部屋も環境もそこそこ満足できるもので、自分としてはなかなかの選択だったと思っています。今の夢は、地に足をつけた生活にあこがれるので、地元に一軒家、それも新築で、というものです。これは賃貸の部屋探しとちがってなかなか難しいものです。まずは予算的な問題。これはまだまだ長期的に資金確保が必要な状態です。運よく宝くじでも当たって資金が確保できても、今度は場所探し。今後の生活を予測し、自分のライフスタイルが確立できるところ。立地だけでなく、日当たりも私にとってはとても重要です。場所さえ決まれば、あとは今まで夢に描いてきた間取りを形にして夢を実現。新築となると時間もかかるでしょうね。でも、あきらめずに夢を追いかけたいと思います。

Copyright 2018 新築するのにローコスト住宅とはどのような住宅でしょう All Rights Reserved.